ほとんどの方が意志を持って都市部に移住を決意し、生活をすることになります。そこでうまくいけば良いですが、さまざまな事情によって、生活をするのが難しくなることもあるでしょう。そんなときにこそ、知っておいてほしい逃げ道があります。比較的受け入れやすい方法が整っていることを知っておきましょう。

都市部を離れて田舎に暮らす方法もある

単純な方法としてあるのが、逃げることです。逃げるというと語弊がありますが、無理をしてまで都心で暮らす必要はありません。そのまま地方へ、そして田舎に移住をすれば良いです。都市部を離れることを決意する人の多くが、環境に満たされないことが多く、それを満たすことができるのは田舎になりますので、合理性がある選択方法になるでしょう。

ただしそう簡単に「移住を決意してほしい」といっても難しい現状もあります。これから生活をしていかなければいけませんし、そのためには仕事、つまり収入源が必要です。それでも現在は受け入れ態勢が整っていますので、比較的簡単に都心から逃げ出すことができる方法があります。

自治体が受け入れやすい体制を整えている

地方特に田舎では、都心からの移住を希望している人を積極的に受け入れようと環境を整えています。家も用意していますし、自治体によっては当面の生活費を補助する目的として、お金が支給されることもあります。働き口に困ることがないように、それも支援する体制が整っていますので、都市部から逃げ出す環境があります。

ただし自治体によってその制度の熟成は、異なっているのが特徴です。なんとなく税収目的で行っている自治体もあり、いざ住んでみれば都心よりもストレスが溜まってしまったということもあり得ない話ではありません。地方に移住を検討しているのであれば、いろんなレビューなどを参考にして、自治体担当者の話を聞いてから検討をするようにしましょう。

スキルさえ持っていれば生活には困らない

都心から地方そして田舎への移住を決めたときに困ることになるのが収入源です。田舎での仕事というのは、ほとんど決まっています。自治体の紹介も農業関係が多く、それ以外は自分で何とかしないといけません。移住をするのであれば、収入源に対して明確なプランを持つ必要があります。

ただしスキルを持っているのであれば話は別です。現在はクラウドソーシングによって仕事をインターネットから見つけることができますので、なんらかのスキルを持っていれば仕事に困ることはありません。都心で行っていた仕事を、静かに自分のペースで行うことができますので、かえって収入が増えたという人もいるくらいです。スキルを持っている人にとって、田舎への移住は大きな選択肢になり得るでしょう。魅力ある移住になるはずです。