田舎と都市部では明らかに違いがあり、そこで暮らすことに対していろんな感情が湧くことになるでしょう。それと同時に経済的な問題も発生します。一長一短あるのが都心になりますが、必然的に生まれるのは向き不向きもあることを、頭の中に入れておくべきです。

向いている人とそうではない人がいる

確かなこととして言えることは、向いている人とそうではない人がはっきりとしていることです。これは同時に田舎にも適用することができます。向いている人とそうではない人がいて、自分はどちらに適用されるのかをまず考えてみましょう。そこで向いていると考えているのであれば、都市部は新しいあなたの場所になるはずです。

ただし向いていることを判定する基準というのは、人それぞれです。やりたい仕事があり、それが田舎でできないこともあるでしょう。しかし人込みが苦手という人もいます。このように兼ね合いが難しいこともありますので、まずは自分がどんな人物であるのかを、自己評価することが必要です。そこから向き不向きがわかってくることがあります。

夢を抱いているのと現実に苦しむと同じ

この向き不向きというのは、夢を抱いているのと、現実に苦しむのに似ています。結局多くの人が夢を抱いて都市部に移り住むことになるのですから、なんらかの意志が働いている証拠です。しかし実際住んでみてから、その感情と現実の距離感を知ることになるでしょう。そこから都心に不審を抱き、田舎を夢見るようになる人も多いです。

実際田舎に移り住もうと考えている人の多くが、都心からの移住者になっています。その理由としていろいろありますが、移り変わりが激しく人の往来が多い地域よりも、ゆったりとした流れを持った田舎の方が暮らしやすいと感じている人が多いです。このように都心に夢を抱き、そこから現実を知ってから都市部を考えるようになったという人も多いことを忘れてはいけません。

実際住んでみないとわからないことが多い

向き不向きと言うのは、実際住んでみないとわからないことが多いのが問題点です。想像をすることができるけれど、いざ住んでみないとわからないこともあります。人込みが苦手だけれど、時間を工夫することによってそれを避けることができ、それさえクリアしてしまえば都心はとても暮らしやすいと考える人もいます。

想像をすることはとても大切なことですが、いざ体感をしてみるとまったく違ったということもありますので、これはなかなか難しい問題です。結局のところ、都心に住むことに対して向き不向きを知りたいのであれば、住んでみないとわからないと言えます。ただし想像をすることはとても大切です。自分がどんな人間であるのかを知れば、住みやすさも想像することができるでしょう。